満60歳からの男の磨き方
~こういった生き方って素敵ですね

女性から見たシニア男性にしかない魅力

年々増加するシニア世代の婚活

今60歳以上のシニア世代の男性で、婚活し「人生を楽しくしてくれる伴侶」を必死で探している方が多いそうです。この記事を検索し、読まれている方も恐らく現在婚活中の方なのではないでしょうか?

また現在シニア男性はアラフォー女性から結婚相手として熱い注目を浴びています。
それはシニア世代の男性が40代前後の男性には持っていない魅力がたくさんあるからなのだそうです。

ですがすべての60歳以上の男性がアラフォー女性から人気があるか、というとそうではありません。
アラフォー女性や同じくシニア世代になった女性からもてる男性には、次にご紹介する共通点があるのです。

年齢を重ねたからこそ出る男の魅力

100sai2_gentleman19-01

なぜ今シニア世代の男性が、アラフォー女性や同世代のシニア女性に人気があるのか?
それは若い男性にはない「包容力」や「経験から培われた高い共感性」があるからです。

ですが「ただ気が付いたらシニアになっていた」、「30代40代の時の自分と何ら変化がない」、そんな男性は残念ながら対象外です。
シニア世代に人気の婚活サイト『ブライダルサロンオージュ王寿会』によると、20代30代の女性でシニア世代の男性が好きな女性はまだまだ少数派ですが、30代後半から上の女性は「話していて楽しい」「相談することにいつも的確な答えを瞬時に出してくれる」、そんなシニア男性に大変魅力を感じるそうです。

これは何もアラフォー女性に限ったことではありません。
実は女性が結局最後に選ぶ男性は「容姿」ではなく、「中身」だということをご存知でしたでしょうか?

その中でもアラフォーから上の女性は、自分自身もある程度年齢を重ね様々な経験を持っています。
そんな女性は年を重ねれば重ねるほど、より一層「中身重視」の傾向が強くなるそうなのです。
「共感」は男性にとっても女性にとっても大きな魅力です。

100sai2_law18-05

若い女性が挙げる恋人や結婚相手に選ぶ理由のトップは「聞き上手である」ということです。
ですが若い男性の中でこの「聞き上手」、言い換えれば「高い共感性を持っている」男性は圧倒的に少ないのです。
ですからもし20代や30代の男性の中にこんな男性がいれば、その男性は大変な「引く手あまた」の存在となり、その男性をゲットする競争率は跳ね上がります。
ですがシニアの男性はその重ねた経験値の高さから、自然に「聞き上手」になっている方が多いように感じます。
多くのシニア男性は自然体でいても、女性に人気があるのです

年を重ねて身についた本当の「やさしさ」


100sai2_gentleman19-02

年齢をある程度重ねた女性は、男性を見る目も自ずと養われている方が多いですよね?そんな女性は男性の見せるやさしさが「偽物」か「本物」かが即座にわかるのです。
男性が見せる本当のやさしさは「厳しさ」と表裏一体であることを、賢い女性はよくわかっています。

本当にいい女はただやさしいだけの男性に魅力は感じません。
時には相手のために敢えて厳しい意見を言う、そしてその後に女性の立場に立って自分なりの意見を真剣に言う、そんな男性の「本物のやさしさ」こそ女性にとってはたまらない魅力なのです。

こちらも年齢を重ねてたくさんの経験を持っているからこそ、できることではないでしょうか?
もしただやさしければいいと思っていた方は、この点に注意して女性からの相談に乗ってみてください。
その女性があなたに好感を抱くことは間違いありません。

こちらは何もアラフォー以上の女性に限ったことではありません。
若い女性の多くも、男性に惹かれる要素に「清潔感」を挙げています。

100sai2_gentleman19-03

たぶんどの年代の女性にアンケートをとっても「清潔感のある男性」はベスト3の中に必ず入っているでしょう。
「身長やルックス」などの外見は全く関係ありません。どんなにハンサムな男性でも爪が汚かったら、その瞬間ほぼ100%の女性は引きます。常に身体や身に着ける服を清潔に保つことは、女性にもてる上で欠かせない要素です。

また不思議ですが、常に清潔にしている男性ほど、得てして上に挙げた「共感性の高さ」や「本当のやさしさ」を持っている男性の率が高いようです。
それはきっと身なりをきちんと整えている人は自己管理ができ、持っている精神性も高いからではないでしょうか?

シングルのシニアの男性は綿のシャツを着て外出するときは、面倒でもアイロンがけを忘れないでください。爪が伸びているかどうか常にチェックしてください。疲れていても必ずシャワーだけでも浴び、全身を清潔に保ちましょう。
それだけで女性の好感度は上がるのですから、実行しない手はありません。

本当の「褒め上手」になるには

こちらももてない男性ほど勘違いをしている場合が多いのですが、ただ褒めればいい、例えば「可愛いね」「美人だね」「若く見えるね」の類ばかり連発する男性は逆に嫌われます。


100sai2_gentleman19-04

なぜなら女性側は「結局この人って見た目でしか判断しないんだ」と思うからです。
女性側から見たポイントの高い褒め方は、「なんか今日はいつもよりよく笑うね? 何かいいことでもあったの?」「あのアーティストの曲が気に入るなんてセンスいいよね」など、その女性をよく分析していることが現れる褒め方なのです。

そんな男性と話をしていると「この人は私のことを深く知ろうとしてくれているんだ」「常に私の内面を見てくれているんだ」と思い、非常に好感を抱きます。
考えてみてください。

ある程度年齢を重ねた女性は、「容姿の面においては若い女性にはかなわない」ということをよくわかっているはずです。
若い女性に勝てるのは、その女性が今まで経験して培ってきた「感性」や「ものの見方」、あらゆるジャンルにおける「センスの良さ」ではないでしょうか?

それは最初に挙げた「共感してくれる男性に魅力を感じる」ことにつながるものです。女性は自分を理解してくれる男性にとても弱いのです。
男性が常に「女性を追いかけたい」という本能を持っている生き物だとしたら、女性は常に「見てもらいたい」、と思う生き物なのです。

結婚して10年ぐらい経つと、男性は妻が今日美容院に行って新しい髪形に変えたことすら気づかなくなりますよね? またそれに気がつかないことをなぜそんなに怒るのか、それが理解できず、とまどった経験はありませんか?
それは年齢に関係なく「見ていてほしい」「常に注意を払ってほしい」と思うことが、女性が持つ本能の一つだからです。
ですから女性を褒めるときは、自分はあなたを継続して観察しているんですよ、とわかるような褒め言葉を考えましょう。

一口にシニア世代のシングル男性といっても、離婚した場合や死別した場合、あるいはなぜか結婚できずに来てしまった、など今に至る過程は様々でしょう。
ですがどんな場合であっても、自分の重ねてきた月日に自信を持ってください。
それは到底若い男性には真似できないものだからです。
シニアになったからこそ身につけられた長所。それを最大限に生かし楽しいシニアライフを送りませんか?