私の自慢のコレクション〜全国のコレクターが登場

全国のコレクターさん大集合!!

全国のコレクターさん、「俺はこんなもの集めている!」「私のコレクション見て!」
家族には内緒で公開する場がない……、見てくれる人がいなかった……。
そんな素敵なコレクションを当コーナーでご紹介します。思う存分自慢してください!!
ミニチュアカーでも、切手でも、腕時計、パイプ……こんなものまで
どしどし投稿してください!! どんどん掲載します!!
郵送でも受付中!! 投稿をお待ちしています
▶︎「自慢のコレクション」に投稿はこちらから

お人形?今はドールって言うんです!!

子供の頃から、お人形が大好きでした。
リカちゃん人形やぬいぐるみ、紙のきせかえ人形等。
見よう見まねで簡単なお洋服を作って着せたりもしていました。
人形作家になりたいと思っていたこともありましたが、当時はなり方も人形のつくり方もわからない上、材料はどういうものを使うのすらわからなく、結局断念してしまいました。

私が、ドールに出会ったのは、9年ほど前になります。
初めて見たときは、40cmから60cmほどの大きな人形に、本当にびっくりしたものです。決して簡単に買えるようなお安いものではなかったけど、思い切って一体を手に入れてから、あれよあれよとまたたく間に増えてしまいました。

100sai2_collection25-01-01

もともと手芸が好きだったこともあり、独学で型紙を作りお洋服を作ってみました。
割りと良い感じに作ることができて、調子に乗ってオークションで販売してみたところ、たくさんの方に見ていただくことができて、購入もしていただき喜んでいただけたことが、とても嬉しかったです。
その売上はほとんどドールに化けてしまいましたが…(汗)

100sai2_collection25-01-03

友人と一緒にドールイベントに参加したことも、とても楽しい思い出です。
ドールイベントとは、ユーザーがそれぞれ自分で作ったドールアイテムを販売できる、フリーマーケットのようなものです。
ドール服だけでなく、ドール用のミニチュア家具などを作られている方もいらっしゃって、その完成度は全く見事なものでした。

私はドールサイトなども作り、ドール服のつくり方なども公開していました。
私が提供した型紙や作り方を見て、何人かの方が「作りました」とお写真を送ってくださったこともあります。
本当に嬉しい出来事でした。
現在は残念ながら、サイト公開は終了してしまいました。

ドールを購入することをファンの間では「ドールをお迎えする」といいます。
私がお迎えしたドールのほとんどは、韓国や中国の作品です。
とても丁寧に作られていて、出来も本当に素晴らしく私の宝物となっています。
海外からの個人輸入ということになりますが、代理店のサイトもありしっかりとサポートしてくださるので心配なく購入することができます。
しかし現在は残念ながらコピー品も増えてきたようなので、必ず代理店からの購入が良いと思います。

ドールのヘッド(頭)には、メイクが施されています。
残念ながら、私はその技術には及ばず、お迎えしたドールのほとんどがメーカーによるものです。
画材を使いメイクした目元に、ガラスの目玉と長いまつげ。
艶々の開きかけたようなぷっくりとした唇。
とっても繊細なメイクはじっと見入ってしまうほど美しいですよ。

100sai2_collection25-01-05_1

ドールは自分の好み通りに作り変えていくことが出来ます。
メイクを変え、服や靴を替え、ウィッグを変える。
同じドールなのに全く印象が変わってしまうのにも驚きます。
自分自身では絶対着られないような、ふりふりレースの可愛らしいドレスや絢爛豪華な着物を着せ、背景を工夫し写真を撮ったりもします。
楽しみ方は無限にあると思います。

40cm60cmのドールだけではなく、80cm位の大きなドールや、かと思うと11cmほどの小さなドールもいます。

100sai2_collection25-01-02

いわゆるリカちゃん人形のようなドールもたくさん存在しています。
少女のみではなく、少年のドール。
紳士淑女や幼児、果ては人魚やドラゴンなど、異形のドールに至るまで。
本当に幅広いドールが作られるようになりました。

今後もとても楽しみな世界です。

100sai2_collection25-01-04