『百歳万歳ライターズ倶楽部』とは?

【全国のシニアライター・特派員大募集!】

シニア世代が社会に大きく貢献していく「成功事例」をみんなで作りませんか!

100sai2_club_03-01

「百歳万歳公式ウェブサイト」では、本誌編集部と連動して60歳以上の全国のシニアライター・特派員を大募集しています。会員の方々には、取材や原稿書き、撮影などのお手伝いをしていただきます。特派員の方々を総称して、『百歳万歳ライターズ倶楽部』と命名しました。発売中の本誌4月号でも告知しています。

これからの超高齢化社会、シニア世代はますます増え続け、これに対して若い世代の全人口に占める割合は低くなるばかりです。こういった社会において、シニア世代に求められるのは何でしょうか?

年寄りは家に引きこもり、すべてを若い世代に託せばよいのでしょうか?

それは違います。

「まだ若くありたい、と考えても肉体的には老いを認めざるを得ない」シニア世代ですが、この事実をきっちり受け止めたとしても、なおかつ経験も知識も豊富なシニアは、その数からいっても、大きく社会に貢献することができるのです。

『百歳万歳ライターズ倶楽部』は、こういった現実を踏まえた上で、シニア世代が社会に大きく貢献していく「成功事例」をたくさん作っていきたいと考えています。

そのための戦力として、シニアライター、特派員を大募集したいと考えます。

すでにシニアの方が続々申し込まれ、レポートも寄せられています。このコーナーでも、早速一部をご紹介いたします。

100sai2_club_03-03

人生の大ベテランの境地に到達しているあなたの特技はなんですか?

人生の大ベテランの境地に到達しているあなたの特技はなんですか?

「私の売りは文章だよ、絶対誰にも負けない!」
「私はカメラの腕には自信がある」
「私の絵を皆さんに見てもらいたい」
「いろいろな人の話を聞くのは好きだね」
「レポートは昔から得意だった」
「私はもう年だから世の中あきらめている。でもあきらめを知ったシニアは実は強いんだよ。できることだけをやろうと思っている」等々。

あなたの趣味や特技を活用できることであれば、どんな関わり方でもかまいません。元気でいろいろチャレンジしたいあなたなら、「百歳万歳ライターズ倶楽部」の大きな戦力になります。

「百歳万歳ライターズ倶楽部」と命名したライターズ倶楽部ですが、全国の話題・トピックスを取材するライターさんをはじめ、カメラマン、インタビュアー、画家・イラストレーター、レポーターなど、さまざまな職種で特派員を務めていただきます。倶楽部会員のみなさんには、人生を楽しみながら情報を発信していただきたいのです。

100sai2_club_03-02

私たち『百歳万歳Gabinギャバン』公式ウェブサイトでは、読者の方々ともっと多くの触れ合いを求めています。下記の募集要項にしたがって、興味をお持ちの方はぜひ『百歳万歳』ライターズ倶楽部にご登録をお願いします。

『百歳万歳ライターズ倶楽部』事務局

【ライター・特派員募集要項】

100sai2_club_03-07

公式ウェブサイトは3月25日にオープン!

まずはご登録から始まります!!
「100歳時代」を老若ともに元気に生きる――をキャッチフレーズに歴史を積み上げてきた弊誌も、今年で創刊38周年を迎えました。

これまで雑誌媒体を通じて、読者の皆様とさまざまな交流を重ねてまいりましたが、新しくスタートした「百歳万歳公式ウェブサイト」では、サッカーメキシコ五輪銅メダリストの釜本邦茂さん(71歳)、前参議院議員のツルネンマルテイさん(75歳)をサポーターに迎え、元気はつらつ、やる気満々の60歳以上のライター・特派員(年齢の上限はありません)を募集しています。

■募集ジャンル
1.取材記事やエッセイ等を書くライター
2.街起こしなど地域で活躍する人々に話を聞くインタビュアー
3.イラストレーター、画家
4.イベント等をコーディネートするディレクター
5.インタビューした録音を文字起こしするライター
6.イベントやインタビューをデジタルカメラで撮影するカメラマン
7.イベントやインタビューをビデオカメラで撮影するカメラマン
8.街で起きた出来事やイベントの様子を報告するレポーター

■資格
満60歳以上(未満の方は60歳になるまでお待ちください)

■定員
全国で1,500名

■原稿料
記事を上げていただき、サイトに掲載された方にはその内容に応じて原稿料(薄謝)を進呈します。

■募集時期
2016年3月1日より12月25日まで随時募集中!(現在、新規受付停止中

■応募に必要な書類(2点)
1.作文「私がいまチャレンジしたいこと」(400~800字程度)
2.市販の履歴書に簡単な学歴・職歴・特技・希望するペンネームと必要事項(募集ジャンルの番号:複数選択可)を記入し、写真を貼って、下記住所に封書でご応募ください。

■応募先
〒104-0033 東京都中央区新川1-6-11 ニューリバータワー3F
株式会社エヌシィシィ
『百歳万歳ライターズ倶楽部』事務局

■お問い合わせ::株式会社エヌシィシィ内 『百歳万歳』ライターズ倶楽部事務局
〒104-0033 東京都中央区新川1-6-11 ニューリバータワー3F

『百歳万歳ライターズ倶楽部』発

100sai2_club_03-06

私がいまチャレンジしたいこと

東京都・節子さん・72歳

認知症の夫と共に生きたい

夫の脳梗塞と認知症の発症から一年。
幸いやさしい性格はそのまま残りました。けれども私は、ついイラッとしてしまいます。夫は悲しい思いをしているのにね。

私は、自分がやさしい心をどこまで保ち続けることが出来るのか、チャレンジしたいと考えています。

これまでは、海図を持たないまま大海をただよう小舟のようでしたが、これからは認知症への理解を深め、心豊かな介護をしたいと思っています。

元気なシニア世代をレポートしたい

京子さん(弟の嫁)は、退職後、手作りジャムを販売しています。

“うんがいい運河の朝市”で、月に一度店を出しています。私の夫は運河の土手で草を食べる山羊を見るのが好き。山羊の顔は、マツゲが長くてびっくりするほど可愛いです。

朝市では地元の人との会話もはずみます。
柏おやじダンサーズのパフォーマンスも楽しみです。

生涯学習を目ざし学ぶシニア世代

荒川シルバー大学は、31教科、37教室あります。趣味に、仲間づくりにと延べ千三百余名のシニア世代が、イキイキと学んでいます。
四月の開講入学式では、新入学の私達夫婦は祝菓子がいただけます。(紅白まんじゅうかな?)

一番人気の教科は「社会科見学」です。昨年の飛行場見学では、パイロットやキャビンアテンダントの制服を試着した写真がありました。

けれども飛行機事故で脱出するすべり台は、変形性膝関節症の人は、骨折しそう。このあたりもきちんと見ておかないとね。

■編集部より
元気なレポートありがとうございます。心豊かな介護、きっとご主人は喜んでいますよ。これからも様々な報告をお願いします。(A)

標準への心の精査

福島県・栄二さん・76歳
担保不明と思われる膨大なお金が、膨大な物を動かし形状を変え流通は休むことがない。それに伴い多種多様の廃棄物を出し続けて、自然環境や私達の心をも変えてしまっている。

自然環境が躓けば資源や命に係わる循環のリズムが崩れ生活資源が回らなくなることが心配になる。今の社会は、都合を満たす物やお金が溢れ、価値観や心の標準が各自多様化されて必要と心情のひらきが大きく、即買や即捨、我慢や節約など標準に定点がないように思っています。

これからの社会は標準とははっきりさせて、未来に向けて命の安全・安心を持続させるため、自然環境の安定と資源に合わせた生活が欠かせないと思います。

命の数に合った食物連鎖いわく資源連鎖だと思います。地球に生きる人々は地球を壊さず安定した資源連鎖を持続する社会を維持させなければならないと思います。これをテーマに何かをすることがないかと思い、ライターズ倶楽部会員を希望いたします。

■編集部より
問題提起をありがとうございます。ライターズ倶楽部会員として、いろいろな企画をご提案いただき「成功事例」を一緒に積み上げていきましょう。お待ちしています。(A)